意外と簡単!?社員研修を成功させるポイント3選!!

2017年8月5日 / By :

まずは目的を見極めて!!

社員研修には、様々な目的や対象者の違いがあります。

例えば、新人研修なら業務に必要な専門知識や、会社のルールなどを理解させる必要があります。また、管理職や中堅社員を対象に、経営管理について指導するケースもあるでしょう。対象が変わることによって、研修に効果的な方法や指導は変わってきます。研修の前に、達成したい目標を見極め、目的に沿ったカリキュラムを組むことが成功の鍵といえるでしょう。

新人研修は具体的な指導がポイント!!

新人社員の多くは、社会人として経験が浅い一方、「学びたい」・「知っておきたい」という意欲を持っています。上手に指導することで、即戦力となる人材が育つ可能性があるということです。

新人研修のポイントは、「ビジネスマナー」や「社会人としての心構え」を、具体的にイメージできるよう指導することです。ただ伝えるだけでなく、「なぜそうするのか」といった元になる原則も伝えていきましょう。そうすることで、マナーやルールの意図をくみ取り、イレギュラーな場面でも、「原則に基づいた正しい決定」を下せる社員が育ちます。

経営管理ならマネジメントゲームがおすすめ!!

「マネジメントゲーム」という言葉を聞いたことのある人も多いでしょう。これは、エンジニアを育て上げる目的で、1970年代に開発された研修方法です。ゲーム感覚で「経営体験」でき、マネジメントのノウハウを効率よく学べるのが人気の理由です。

管理職や中堅社員に向けた、経営管理の研修に役立てられています。ゲームを通じて「課題を認識する」ことができ、回数を繰り返すことでより経営利益に役立つ意思決定の訓練を行うことができます。

ゲームを通じた経営の疑似体験のため、リスクが少ないのも魅力でしょう。

マネジメントゲームとは、会社経営や会計学を学ぶ事ができるように作られた経営シュミレーションゲームの事です。